企業年金基金個人情報保護管理規程
企業年金基金個人情報保護管理規程
東洋紡企業年金は、業務を通じて取り扱う加入者、受給者等の個人番号及び特定個人情報(以下「特定個人情報等」という。)の適正な取扱いの確保について当企業年金として取り組むために本基本方針を定めます。

1.特定個人情報の適正な取扱い
 当企業年金は、特定個人情報取扱規程を策定し、特定個人情報等を適切に取り扱います。

2.関係法令・ガイドライン等の遵守
 当企業年金は、個人情報及び特定個人情報に関する法令、特定個人情報保護委員会が策定するガイドラインその他の規範を遵守し、特定個人情報等を適正に取り扱います。

3.安全管理措置に関する事項
 当企業年金は、特定個人情報等の安全管理措置に関して、特定個人情報の漏えい、滅失又は毀損の防止その他の特定個人情報の適切な管理のために必要な措置を講じます。

4.特定個人情報等に関する問合わせ窓口
 当企業年金は、特定個人情報等の取扱いに関する問合わせ等に適切に対応いたします。
 特定個人情報の取扱いに関するご質問や苦情に関しては、以下の窓口宛にご連絡ください。

当企業年金の特定個人情報等のお問い合わせ窓口
住所 大阪市北区堂島浜二丁目2番8号
担当 特定個人情報管理責任者 常務理事
受付時間 平日9:00〜17:00
電話番号 06−6348−3274
東洋紡企業年金基金における個人情報の取扱いについて
個人情報取扱事業者の名称
東洋紡企業年金基金
個人データの利用目的
・年金及び一時金の給付管理
・年金及び一時金の裁定請求書の送付
・加入者・待期者及び受給者の管理
・現況届及び支払通知書の送付
・年金相談(支給額試算)
・年金数理及び退職給付債務の算定
個人情報の取得方法
 
適正な方法によって個人情報を取得するものとする
加入者
母体企業よりの資格取得届・資格喪失届・退職所得の源泉徴収票により取得(共同利用)
受給権者 年金裁定請求時及び一時金請求時と受給権者死亡時に本人及び遺族より取得
本人からの現況届・変更届に基づく取得
企業年金基金連合会の厚生年金保険支給停止対象者等に関する回答情報による取得
共同利用
 
共同利用される個人データの項目
加入者番号
氏名・カナ氏名
部課
性別
生年月日
入退社日
適用開始年月日
退職理由
基本給
標準報酬
退職金支給額
住所
基礎年金番号
利用目的 資格得喪事務のため
掛金算定のため
年金給付管理のため
年金相談のため
当該個人データの管理について責任を有する者 母体企業:人事部給与グループマネジャー
年金基金:理事長
個人データの開示等の請求手続
 
申出先
〒530−8230
大阪市北区堂島浜2−2−8
東洋紡企業年金基金 宛て
提出時の記載事項 開示内容、住所、氏名、電話番号
本人確認のための添付書類 免許証又は年金手帳の写し
代理人による請求の場合 本人の委任状(署名・捺印)、代理人の身分証明証(写し)
手数料 無料
個人情報保護体制・情報管理
・個人データ管理責任者 理事長
・事務取扱責任者 常務理事
・事務取扱担当者 基金職員に限定
・IDパスワード認証によるデータアクセス
・入退室の認証管理
・台帳等の施錠による保管
外部委託の選定基準
・委託先の内部で個人情報に関するマニュアルの保有があるか
・従業員に対する研修教育が充分に行われているか
・技術的なセキュリティー対策が万全であるか
※プライバシーマークやISMSの認可を得ていることが望ましい
個人情報に関する苦情・相談窓口
 
面談 当基金事務所
手紙 〒530−8230
大阪市北区堂島浜2−2−8
東洋紡企業年金基金
電話 06−6348−3274
FAX 06−6348−4268
受付時間 平日 9:00〜17:00
ページのトップへ

|| 個人情報保護管理規程 || 特定個人情報取扱規程 ||