福祉基金の事業内容と給付
従業員福祉基金事業内容および給付一覧表PDF版はこちら
種別・手続 事業内容
成人祝 加入員が成人の日を迎えた時、
15,000円相当の祝品を支給します。
振袖を来た女の子のイラスト
  申請手続きは不要です。
事業所ごとに支給します。
結婚祝
勤続年数 3年未満 3年以上 5年以上 7年以上
加入員の結婚(初婚) 20,000円 30,000円 50,000円 70,000円
加入員の結婚(再婚) 20,000円 30,000円
注:
1. 勤続3年未満は引き続き勤務する場合とします。
  2. 結婚が証明できる書類とは
婚姻届受理証明書・戸籍謄本・住民票・結婚披露宴の案内状等…いずれもコピー可。
あるいは福祉基金所定の結婚証明書…コピー不可。
  結婚が証明できる書類を添えて
申請して下さい。
子女入学卒業祝 ・加入員の子女が小学校に入学した時、10,000円を3月に支給します。
・加入員の子女が中学校を卒業した時、10,000円を3月に支給します。
  毎年2月に申請して下さい。
退職餞別
勤続3年以上で退職した場合に支給します。
勤続年数×@3,000円・90,000円を上限とします。
  退職時に申請書を提出して
下さい。
持家祝金・奨励金
内容 給付額 給付期間
加入員が初めて自宅を所有し保存登記が完了した時 持家祝金
50,000円
申請後に
給与合算払
持家奨励金 月額10,000円 持家祝金支給翌月から31カ月間
給与合算払
  取得家屋の登記事項証明書
又は登記簿謄本(又は抄本)の
コピーを添えて申請して下さい。
年金加入奨励金
内容 給付額
対象となる年金保険に加入し、5年以上にわたり毎月積立を行っていた加入員が50歳以上で退職(自己都合退職を除く)する場合、60歳以降の年金原資として支給します。 積立残高の10%
(最高限度50万円)
対象とする
年金保険の
種別
1.年金財形貯蓄
2.UAゼンセン年金共済
3.東洋紡不動産年金払積立傷害保険
4.生命保険会社の個人年金保険
注:
支給額は10,000円単位とし、5,000円以上は10,000円に切り上げ、
4,999円以下は切り捨てる。
  退職月の前月末の年金積立残高が確認できる証明書を添付して申請して下さい。
(年金財形・UAゼンセン年金共済・東洋紡不動産加入分は証明書不要)
リフレッシュプラン 勤続20年以上の加入員が45歳から54歳(45歳の誕生日から55歳の誕生日前日まで)の間に旅行をした時
内容 給付限度額
(下記金額を上限に
実費を支給)
海外旅行をする場合(日帰り旅行は不可) 300,000円
国内旅行をする場合(日帰り旅行は不可) 200,000円
注:
1. 中途入社等で54歳以上、55歳未満で勤続20年に達する者は、事前申請を行った場合対象期間を満56歳到達時まで延長できます。
  2. 夫婦ともに福祉基金の加入員で、かつ双方とも勤続20年以上の時は一方が45歳から54歳の間に夫婦同時に利用できます。
  3. 短勤続給付制度を利用している場合は、その支給額を差し引きます。
 
【新設】 短勤続給付制度
勤続10年に到達した加入員(満55歳未満に限る)が1年以内に旅行をした時
内容 給付限度額
(下記金額を上限
として
1万円未満を切捨てて支給)
海外または国内旅行をする場合(日帰り旅行は不可) 100,000円
注:
1. 2015年4月1日以降に資格が発生する加入員が対象です。
  2. 勤続10年到達から1年以内に実施した旅行が対象です。期間の延長はできません。
  3. 勤続20年・45歳到達の利用時には、短勤続給付制度利用時の支給額が差し引かれます。
  所定の用紙に確認書類を添え
て申請して下さい。
飛行機のイラスト
マイライフセミナー 加入者本人の将来の生活設計をプランニングします。
対象者 45歳〜60歳の加入員
期間 1泊2日(年休を取得して参加)
参加費用 3,000円
その他 交通費・宿泊・食事代等は福祉基金負担
  2ヵ月前から公募。
本人が申し込んで下さい。
福祉見舞金 加入員が重度の心身障害者等を扶養している場合、毎年6月、12月に半年分をまとめて支給します。(月額5,000円/給与合算払)

 注:重度の心身障害者等とは下記1〜4に該当し所得税の障害者控除の対
  象者となる方をいいます。
  1. 心神喪失の状況にある方又は所定の判定により知的障害者とされた方
  2. 身体障害者福祉法により交付された身体障害者手帳に1級〜3級障害者として記載されている方
  3. 在宅の65歳以上で、寝たきりの状態にあり介護が必要として、福祉事務所長から認定を受けている方
  4. 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の規定により精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方
  障害者手帳等のコピーを添えて
申請して下さい。
花のイラスト
災害見舞金
  災害箇所 区分 A B C
一家構成者 現住居および単身赴任者
の家族の現住居
家屋 600 300 150
家財 600 300 150
非一家構成者 現住居 家屋 200 100  70
家財 200 100  70
出身家庭 家屋 100  70  50
家財 100  70  50
単位:千円
A 家屋・家財の全焼、流失などによる全損
B 家屋・家財が1/2以上焼失、流失または同程度以上の被害
C 家屋・家財が1/5以上焼失、流失または同程度以上の被害
  火災その他天災地変等によっ
て、家屋・家財に損害を受けた
場合に支給します。
市町村長または警察の発行する被災証明書を添えて申請して
下さい。(コピー可)
厚生貸金
貸与事由 貸与限度額 貸与条件
災害・病気等の不時の出費に要する援護資金 1,000,000円 無利子
返済期限3年
保証人1名
本人及び子女の入学に要する援護資金
(1子女につき1,000,000円を限度とする)
1,000,000円 年利2%
返済期限3年
保証人1名
住居、本人の結婚のための援護資金 1,000,000円 年利2%
返済期限3年
保証人1名
その他   500,000円 年利3%
返済期限3年
保証人1名
  右記の貸与事由により援助が
必要になった時、所定の手続
きをして下さい。(事由の証拠
となる書類のコピーが必要)
住宅融資
  提携住宅融資
(財形貯蓄加入者のみ)
社内住宅融資
資格 勤続10年以上又は30歳以上の方
財形貯蓄の積立期間が3年以上で
残高が50万円以上ある方
勤続10年以上又は30歳以上の方
融資額以上の東洋紡団体生命保険(旧 B保険)に加入している方又は加入する方
融資額 2,500万円以内
(その他条件あり)
500万円以内
(35歳以上は1,000万円以内)
返済期間 5年以上25年以内 25年以内
利子 借入時に融資銀行が定める利率
(利子補給の制度がありますので、
次の利子補給欄をご覧下さい)
年利3%
  土地、住宅取得時に資金借入
が必要となった時、所定の手
続きをして下さい。
家のイラスト
利子補給 提携住宅融資及び公的住宅融資(下表の4種類)の借り入れに対し、15年間を限度として補給します。
融資の種類 融資金利 利子補給
提携住宅融資 6%超 3%相当額
3%超〜6%未満 3%との差を補給
(例:4.5%の場合は1.5%相当を補給)
3%以下 補給なし
公的住宅融資
・旧住宅金融公庫の通常融資
・財形住宅融資
 (旧住宅金融公庫・財形住宅
 金融)
・年金住宅融資
 (旧年金福祉事業団等)
・公団の住宅融資
 (旧住宅都市整備公団等)
4%超 1%相当額
3%〜4%未満 3%との差を補給
(例:3.5%の場合は0.5%相当を補給)
3%以下 補給なし
  右記の借入が証明できる書類
を添えて申請して下さい。
女の子のイラスト
財産形成貯蓄 計画的な財産形成を支援するための制度です。
  財形貯蓄をご希望の方は申し
込んで下さい。
メ リ ッ ト 元利合計が550万円までは非課税
積   立 給与・期末一時金から積立
取扱財形 ●財形住宅貯蓄
●財形年金貯蓄
 (財形年金は年金加入奨励金の対象になります)
新規加入・積立額変更受付時期4月・9月
払出・積立中断・積立再開受付随時
財形Q&Aはこちら
東洋紡団体保険
  死亡・高度障害 病気・ケガによる入院・手術
制度名 東洋紡団体生命保険 東洋紡団体医療保険
保険期間 11月1日から翌年10月31日
までの1年間
11月1日午後4時から
翌年11月1日午後4時までの1年間
配当金 あり
剰余金が発生した場合
なし
加入資格 本人・配偶者のみ 本人・配偶者・お子さま
退職後の
取扱い
本人のみ満56歳以上で退職の場合、満65歳まで継続加入可能 本人は満55歳以上で退職の場合、満65歳まで継続加入可能
配偶者・お子さまは満65歳まで継続可能ですが、本人が加入資格を失った場合は脱退
引受会社 日本生命保険相互会社ほか あいおいニッセイ同和損害保険
  年1回、9月に新規・変更・脱退の受付をします。
チューリップのイラスト
福祉基金の事業(給付)は、会社の拠出金と従業員の掛金で運営しています。
申請をお忘れなく!給付を受ける権利は、2年を経過すると消失します。(リフレッシュプランについては旅行後2ヵ月以内です)
お問い合わせはこちら
ページのトップへ